防犯に不動産登記

不動産登記で安全にしよう


トップ » 不動産登記で安全にしよう
[成長する] Christmas tree - クリスマスツリー・ブログパーツ

不動産登記制度の概要

不動産を購入した時、売主から買主へ所有権の移転をします。また、住宅ローンを組んで住宅を購入した時は抵当権を設定します。このように登記を申請する場合は多くありますが義務ではありません。任意ですが所有権や抵当権などの権利を守るためにほとんどの場合はその申請がなされます。また別な利用例として、不動産を購入する時に売主と称している人が本当に所有者であるのかや、その住宅に抵当権などの担保権や地役権などの用益権が設定されていないかなど登記事項証明書をとって調査することができます。このように使いこなせばこの制度いろいろ便利なのです。

登記というものについて

不動産に関しては、その物権変動があれば、民法177条によれば、登記をしなければならないとされています。すなわち、その不動産に関する物権変動があったことを第三者に公示する必要があり、その公示の手段が登記なのです。それをせずに第三者がそれをすれば,その第三者に対抗出来ません。それをすべきなのは、典型的には所有権が移転したときであり、それの申請は、所有権の売主と買主の共同申請が原則となっています。その例外としては、相続による所有権の取得であったり単独でそれの申請をしても第三者の利益を侵害することはないような場合に限られています。