不動産の単位について

不動産価格の計算について


トップ » 不動産価格の計算について
[成長する] Christmas tree - クリスマスツリー・ブログパーツ

不動産の価格について

持ち家を建てたいと考えたり、自営業を試みたりする人が増えている昨今では、不動産を購入したいと考える人も多いでしょう。多くは、坪単価で表示されます。その土地の価値を価格にして、その広さに応じて価格が決まるのです。一般的には、人々が大勢訪れるような都心や、埋蔵資源などが豊富にあるようなところは、価格も高めの設定になります。また、何もないような山奥や大自然の中の不動産あっても、取り巻く状況によって、価格帯も異なります。もちろん、個人の考えで、価格に幅がありますので、その理由を調べたり、交渉をする余地もあるでしょう。

坪単価の算出方法とその意味

普段の生活ではあまり使われない「坪」という単位、不動産の購入を考えている人にとっては、「坪」は身近なものかもしれません。坪単価とは、家を建てるときの1坪当たりの建築費の事です。建物の価格を坪数で割ると、その金額がわかります。マンションを購入する際は、間取り図には平米数が書かれていることが多いですが、その場合は1坪はおよそ3.3㎡と考えて計算すると良いでしょう。計算するときに注意することは、メーカーによっては延床面積を使うところもあれば、施工面積を使うメーカーもあるところです。延床の面積には、ベランダや、屋根裏収納などはふくまれませんか、どちらなのか確認すると良いでしょう。坪単価を比較することで、建物や不動産会社のグレードが大体わかります。