マンションを売る

マンションの賢い売り方


トップ » マンションの賢い売り方
[成長する] Christmas tree - クリスマスツリー・ブログパーツ

マンションを売った時の税金

個人がマンションを売ると1年間を課税期間として、分離課税の譲渡所得として確定申告が必要です。給与の収入や個人事業主の所得は、総合課税と言って、他の所得と合算しますが、不動産や株などの売買のように臨時的な所得は合算はぜず、分離課税といいます。 売買で利益が出る場合、売却した年の所有期間が5年を超える長期と、それ以外の短期では、税率がおよそ2倍の違いがあります。分離課税の損失は他の所得から差し引くことはできませんが、居住用など、一定の要件を満たせば、他の所得と通算して還付を受けることが可能です。

マンションの問題点をカバー

マンション住まいの醍醐味と言えば、共用スペースの充実設備、さらに住戸内の整った設備の数々です。特に近年建てられた築年数の浅い物件ともなると、かなり細々とした部分にまで便利な設備が整っています。また、注目なのは、単に便利な設備が備わっているだけでなく、マンションの欠点をカバーするような設備も用意されているところです。一戸建てと違って採光性に問題があり、廊下の部分はかなり暗くて、夜は電気をつけないととても歩けないことがありますが、センサーで自動的について、そして消えるタイプの設備を採用している物件があります。