不動産の相続について

不動産の相続と税金など


トップ
[成長する] Christmas tree - クリスマスツリー・ブログパーツ

不動産を相続した時の登記と税

不動産と相続との関係について、まずは登記についてまとめます。亡くなった方に遺言があればそれに従い、なければ民法の定めによることとなります。ただし、民法に従うと共有となってしまう場合も多くありますが、実際には遺産分割協議とか放棄などによって不動産は、誰かひとりの単有名義とする場合がほとんどです。他方、税も問題となります。現在の基礎控除額は5000万円+(法定相続人の数×1000万円)となっていますし、さまざまな控除があるのでほとんどの人は問題にはなりませんでした。しかし、2015年から増税がせまっているのでいままでは関係がなかった方も注意が必要です。財産がある方は弁護士や税理士に前もって相談しておいた方がよいでしょう。

相続が絡むとややこしい

不動産を相続するとなるとかなり手続きがややこしくなります。兄弟や親戚などが故人が残したものをどうわけるのかといった問題に初めて直面することもあります。また、配偶者も絡んできますので、そうした人たちのために遺言書を残しておくと法定相続人以外にも、不動産やそれ以外の財産を遺贈することもできます。故人が生前にこうした配慮をしておけば、故人の死後も争いごともなく静かに残された人々が仲良く暮らすことができることになります。もちろん、借金などのマイナスとされている負債も引き継ぐことになりますので、そこはプラスマイナス両方で検討すべきです。